カラーリングによって売却時の査定額が変わる

カラーリングによって売却時の査定額が変わる

新車の購入時と同じように中古車を買う場合でも売る時に少しでも査定がよくなるような車選びをすると良いとされています。その一つの要素として挙げられるのが車のカラーです。

 

各車両にはいくつかのカラーラインナップがありますが、人気の出るカラーというのはだいたい決まっています。無難で安定した色といえばホワイト、ブラックの2色です。この色は若年層、高年層のどちらにとっても安定した人気を誇ります。

 

もし購入する車が若い世代に人気の車種であるなら奇抜な色でも良いかもしれません。若い世代は無難なカラーやちょっと派手なカラーを選ぶ傾向が強いからです。

 

逆に高年層になってくると渋い色を好むようになります。
シルバー、ダーク色などです。特にシルバーは塗装の日焼けなども少なく洗車をしなくもある程度はキレイに見えるといった特色のあるカラーです。体を動かすことがキツくなってきた高年層には人気の高いカラーリングになります。

 

中古車を選ぶ場合にはこういった売却時に有利になる視点をもって選ぶこともお勧めできる選び方となります。

新車の購入時にはカタログを参照する

こちらは中古車ではなく新車の話しになるのですが、特に好きな色もなくこだわりがない場合はカタログの表紙、1ページ目に乗っている車のカラーを選ぶと良いとされています。

 

これはメーカーの販売戦略の一つでもあり車のイメージカラーに起用されているケースが多いからです。

 

スバル車のXVでいえばオレンジカラーがイメージカラーとなっています。
やはり一番目に止まりますし、黒、ホワイトなどについで人気色でもあります。

 

車が高く売れるカラーというのはありますが、黒、ホワイト以外はメーカーの販売戦略の一つで刷り込まれている可能性があるので選択肢の一つとしては新車選びの参考に良いと思います。